株式会社エクシートオフィシャルサイト

新型コロナウイルス感染者の対策のお知らせ
弊社の取り組みはこちら

【求人企業向けindeed解説シリーズvol1】
indeedってそもそもなんぞや?

景気うんぬんに関わらず、少子高齢化が進む日本でビジネスを行う企業において、
きってもきれないのが「採用」問題。
弊社がある福井県ではトップクラスの有効求人倍率を維持しています。

現在はwebを使った採用活動が一般的になりましたが、様々なサービスが乱立している状況のため、
人事のご担当者様は常に頭を悩ませながら、いろいろなことを試行錯誤をされていることでしょう。
そして、様々なサービスの中で、必ず1回は検討サービスに入るのが「indeed」です。
ただ、知っているようで実はよく分からないのがindeedです。

そこでindeedの正規代理店の立場から、改めて「indeed」についてシリーズにてご紹介してまいります。
第1回である今回は「そもそもindeedとはなんぞや?」というタイトルで、
indeedそのものについてご解説いたします。

indeedをひとことで言うなら「Googleの求人版」

Googleは言わずと知れた「検索エンジン」です。
「検索エンジン」とは、ユーザーが希望するキーワードに対して、インターネット上にあるホームぺージの一覧を表示してくれるというもの。

それに対してindeedは、ユーザーが希望するキーワード・勤務地に対して、インターネット上にある求人情報を一覧で表示してくれるというものです。
つまり、indeedは、求人情報に特化した検索エンジン「Googleの求人版」といえます。

では、インターネット上にある求人情報とはどういったものでしょう?
例えば、

  • ハローワークの求人情報
  • 求人情報サイトに掲載されている求人情報
  • 派遣会社サイトに掲載されている求人情報
  • 企業の採用サイトに掲載されている求人情報

などがあげられます。
そのようなインターネット上にあふれる求人情報を収集して、検索結果を一覧としてくれるのがindeedです。

多くの求人ぺージを探せるから求職者が集まる

indeedの月間の利用数はその他の求人メディアと比較してトップクラスです。
ではなぜ、それだけ求職者が集まるのか?
それは「多くの求人ぺージを探せるから」と考えられます。
色々な求人サイトの情報をindeedというひとつのサービスで探せるため、indeedだけ使っていれば、より多くの求人情報を探せるわけです。

ということは、自社の求人情報がindeedの検索結果に表示されているかどうかは確認をしておきましょう。
掲載がされていないというこは、それだけ求職者と出会える確率が減るということですから。

ただし、インターネット上に求人情報を掲載していれば、どんな求人情報でもindeedの検索結果に表示されるかというとそうではありません。

求人ぺージのindeed掲載ルール「1求人・1勤務地・1URL」

「自社採用サイトの求人ぺージがindeedの検索結果に表示されないのはなぜ?」
そのようなご質問をいただくことがあります。
その理由はだいたいがこの理由です。その採用サイトが「indeedの掲載ルール」に合致していないから。

それではindeedの掲載ルールとはなんでしょうか?それは、
「1求人・1勤務地・1URL」
です。つまり、
「ひとつの求人に対して1ページをつくりなさい。同じ職種で勤務地が違う場合も違うぺージにしなさい」
ということ。

採用サイトによくあるパターンですが、
募集要項は1ページしかなく、募集要項の表には「職種」として複数の職種がのっていて、
「勤務地」にも複数の勤務地が掲載されているパターンがあります。
この場合はNGということです。

例えば、2職種あって、それぞれ勤務地が3つあったとすると、
2職種×3勤務地で、合計6ぺージ作りなさい、というのが掲載ルールとなっています。
さらにはその6ぺージをまとめた一覧ページも必要になります。

このルールにのっとっていなくても、掲載される場合もたまにありますが、
ほとんどはこのルールに従う必要があります。

indeed対応ぺージが作れない場合は、indeedの「直接投稿」で

自社の採用サイトがindeedに対応していない場合、「直接投稿」という方法があります。

これは、indeedのシステム内で求人ぺージがつくれる機能です。
CMなどで無料で掲載といっているのはこの機能のことです。
詳しくは本シリーズの次回にご解説をいたします。

企業がindeedを使うべき理由

ハローワークに掲載したり、自社の採用サイトに掲載したりするだけで、
あとは求職者が探してくれるだろう。と考えている人事担当者は結構多いのが現状です。

一度、Googleなどで自社の情報にあてはめて「職種名 勤務地 採用」というキーワードで検索してみてください。
御社は上位に表示されていますでしょうか?

Googleの検索結果上位のほとんどは、他の求人サイトであったり、indeedが表示されていると思います。
つまり、求人ぺージを掲載しておくだけでは、そもそも求職者が御社の求人情報にたどり着かないわけです。
見られていないものに応募やお問い合わせがあるわけがないですよね。

求職者が御社の採用情報に触れる機会を増やすためにも、ぜひindeedをご活用ください。

それでは次回もお楽しみに!

Return Top