株式会社エクシートオフィシャルサイト

新型コロナウイルス感染者の対策のお知らせ
弊社の取り組みはこちら

企業活動で動画コンテンツを活かせる分野とは

企業活動で動画コンテンツを活かせる分野とは

企業活動において動画を取り入れようと思っても、どの分野に用いれば良いのかがわからないこともあるかもしれません。
動画コンテンツを活かせる分野は数多くあります。
今回は特に動画と相性の良いコンテンツについてご紹介します。

商品紹介

商品紹介はカタログなどの紙媒体や営業担当者による実演が主な方法でした。
商品紹介を動画にすることで、特徴や特性を音声なども交えて伝えることができ、文字で伝えられない手順や過程なども詳細まで伝達できます。
操作や機能を分かりやすく伝えることができるため、商談で営業担当がタブレットなどで先方に視聴してもらうといった営業ツールとしても用いることができます。

社内スキルアップ(研修資料)

動画はテキストに比べて視覚・聴覚から得られる効果が高いため、興味関心を惹きつけ、記憶に起こりやすくなります。
言語化することが難しく抽象的になってしまう内容でも、動画であれば短い時間で直感的に伝えることができます。
一度作成してしまえば、内容に変更がない限りその動画教材を使用することができ、講師による教え方や内容に差が出ることがなく講義の質を保つことができます。繰り返し利用可能なことに加え、会場費や講師代、交通費など研修開催にあたり毎回かかるコストを大幅にカットすることも可能となります。

動画広告

スマートフォンの普及によってどこでもいつでもインターネット上での動画を視聴可能になったため、YouTube動画などの需要が爆発的に増えました。
また、株式会社サイバーエージェントが行なった調査(出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施 )によると、PCとスマホの動画広告比率を見たところ、モバイル動画広告の需要は約90%の比率を占めていることがわかります。
スマホ利用者・利用時間の増加に伴い、スマホ動画広告の伸びが顕著であり、TikTokなどスマホ用の縦型の動画広告の用いられ始めたこともあり、その流れはますます加速しています。
それにより、高額なコストをかけたテレビCMよりも動画コンテンツ上での動画広告の方が効率よく宣伝できるケースも目立ってきています。

まとめ

動画によるコンテンツはここ数年で大きく成長しています。 デバイスや5Gなど通信回線の進化により、この流れはますます加速していくことが予想されます。様々な分野が動画に移り変わりつつある現在において、早めに参入していくことが重要だと考えます。競合他社に先を越されてしまうことのないよう、いち早く動画コンテンツを取り入れていきましょう。

Return Top