株式会社エクシートオフィシャルサイト

新型コロナウイルス感染者の対策のお知らせ
弊社の取り組みはこちら

新しいSNS活用法

皆様は、ふと分からない事があったとき、インターネットの何を使って調べていますか?
このような時、ほとんどの方は『Google』『Yahoo!』などでの
検索が思い浮かぶのではないかと思います。

しかし、近頃“検索”ということに対して、ある変化が起きているようです。
今回は、この“ある変化”について面白い記事を発見したのでご紹介したいと思います。

まず、前述でも述べたように、何かを検索するときは
『Google』『Yahoo!』などの検索エンジンを使用するのが一般的かと思われます。
しかし、ここで登場するのが『SNS』です。

今や世界的に流行している『SNS』は
Facebookを始め、Twitter、LINE、Instagramなどスマートフォンをお持ちの方なら
一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

ある調査によると、今の若者(10代・20代)では、
この『SNS』を使った検索が一般化しつつあるのだというのです。

若者100人を対象に行ったアンケート調査では、
「最近よく使っている検索について」尋ねたところ、なんと、
1位「Google」(33%)、2位「Twitter」(31% )、3位「Instagram」(24%) 、
4位「Yahoo!」(12%)と、SNSが検索エンジンと並んで使用されていることが分かりました。
(LIDDELL株式会社調べ)

さらに、この『SNS』の中でも例えば自分が知りたいジャンルによって、
正しい情報を知りたいときは「Google、Yahoo!」
速報が知りたいときは「Twitter」
観光地や飲食店を知りたいときはビジュアルメインの「Instagram」など
使い分けがあるようです。

近頃企業の間でも『SNS』を使っての情報発信が増えてきました。
このような『SNS』を使った情報の発信をする側の人間としても、
きちんとを使い分けをして、
届けたい情報のジャンル・ターゲットを考えなければ
良くも悪くも相手に情報の届き方が違ってくるかもしれませんね。

Return Top